オートバックスセブン、北九州市でIoT技術を活用した高齢者見守りサービス

 株式会社オートバックスセブン(代表取締役 社長執行役員:小林喜夫巳)は、高齢者の安全とそのご家族の安心に向けた新たな取り組みについて、2017年11月1日(水)より2018年3月31日(土)の5ヵ月間、北九州市の協力のもと、同市域をフィールドとした実証実験を実施します。

【ここがポイント!】
■IoT技術を活用した、高齢者見守りサービスの実証実験を行います。
■実証実験は、機器開発・通信確認と情報分析の2つのフェーズに分けて行います。
■終了後、本サービスの実効性を検証し、2018年度以降のサービス開始を目指します。

自動車の安全運転支援技術が発達し、交通事故での死者数は減少している一方、高齢化社会を迎え、交通事故に占める高齢者(65歳以上)の割合は増加傾向にあります。また、核家族化による高齢者の独居化も進んでおり、離れて暮らす家族の不安も大きくなっているものと思われます。

当社は、このような環境の中、加齢とともに衰えていく身体能力や判断能力を、IoT技術とサービスを活用して補完し、高齢者とその家族双方に、安心・安全を訴求する「高齢者見守りサービス」に取り組みます。このたび、北九州市の協力のもと、同市域をフィールドに本サービスの実証実験を実施し、実効性を検証します。

今回実証実験を行う北九州市は、2016年1月29日付で、高年齢者の活躍や介護サービスの充実による人口減少・高齢化社会への対応をテーマとした国家戦略特区として指定を受けています。また同市は、「北九州市健康・生活産業振興協議会」を基盤とし、高齢者の健康づくり、見守り等の分野における新ビジネスの創出に取り組んでいます。

以上

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です