藤和不動産など3社、湘南にマンションと高齢者福祉施設を導入した次世代型複合都市

towa423.jpg 藤和不動産、三菱地所、社会福祉法人聖隷福祉事業団は、神奈川県藤沢市にマンションと高齢者福祉施設を導入した次世代型複合都市「みんなの湘南プロジェクト」の開発に着手した。倍所は「湘南ライフタウンセンター地区」(総開発面積約4万平方メートル)で、高齢社会へ向けた新居住スタイルと地域コミュニティの形成を提案したいとしている。

▽同社発表の概要は下記の通り
1、次世代型複合都市「みんなの湘南プロジェクト」における提案
(1)高齢社会へ向けた新居住スタイルの提案
 高齢化が進む日本においては、高齢社会に向けたライフプランや生活スタイルの検討が必要とされてきています。この背景を踏まえ、次世代型複合都市「みんなの湘南プロジェクト」では、エリア内にマンションと高齢者福祉施設をバランスよく導入し、相互に参加できるイベントを予定。幅広い年齢層が生活する場をご提供し、世代間交流や将来を見据えた様々な居住スタイルをご提案すると共に、入居者も、周辺住民の方にも安心してお住まいいただける場をご提供いたします。

【 新居住スタイルのご提案例 】
<子育てファミリー層>
 湘南ライフタウン外からの、子育て環境を重視するファミリー
<ミドル住み替え層>
 湘南ライフタウン内に住み、既存のつながりを重視するミドル住み替え層
<プレシニア層>
 湘南ライフタウン内外に住む、団塊の世代、親の介護や自身の将来の安心を重視する層
<アクティブシニア層>
 湘南ライフタウン内外に住む、デイサービス等を利用する元気な高齢者層
<シニア層>
湘南ライフタウン内外に住む、終生住み続けられる安心を得たいシニア層

(2)人・自然・街・住まいとのつながりを。地域コミュニティの形成
 「みんなの湘南プロジェクト」では、多世代交流というコンセプトのもと、地域に開かれたコミュニティを目指し、共用部の地域開放やコミュニティ形成支援を行います。多世代とのふれあいや地域とのつながりが強まったコミュニティは、安心して子育てができる環境ともなります。

○高齢者福祉施設共用部の地域開放
 デイサービス・クリニック・ガーデン・集会室ホール等を予定
○マンションの共用部の地域開放
 歩行者専用通路・スポーツ広場等
○利便性の高い商業施設の誘致(予定。計画段階のため、今後用途変更になる場合があります。)

※詳細は下記URLで「みんなの湘南プロジェクト」概要、参考資料wp参照してください
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0249910_02.pdf 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://newsmedia.jp/mt/mt-tb.cgi/2793

コメントする

カテゴリ

CAREナビで公開中のカテゴリ一覧を表示しています。


◎介護・福祉リンク集

セミナー情報

携帯・関連サイト

KIGYOKA NeTにニュースを投稿

RSS